FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト スポンサー広告
ここなら簡単に見つからないから… 青い果実の部屋 2006年05月17日[08:26]
お久しぶりでございま~す!!
いやぁ~、マジで半年以上放置してましたね。ちょっと精神疾患なもんで、「更新する」ってことが重荷になっての放置でした。あと、チンコ見飽きたってのもあったり(笑)。でもまたやりますよぉ~!! 改めてよろしくです!

g005.jpg
彼はですね、自分で弄るのを覚え始めたばかりなのですよ。
お風呂に入っているとき、何だか気持ち良くてコシコシ洗っていたら、今までに覚えたことのない快感に浸されましてですね、バスルームで初発射! それ以来家族に隠れてシコシコしてたんだけど、お風呂はトイレも一緒だから、誰が入ってくるか分からない…。だから一生懸命、隠れてできる場所を探していて。やっと見つけたのでぃす。
見つけたいい場所は家の裏にある丘の中なんだけど、最初が全裸で発射だったもんで、全部脱がないと落ち着かないのですな!
いい具合にB地区とか隠れてて、それが余計にイヤラスィ感じです。
スポンサーサイト
[PR]

t-024.jpg
タチの子は既に全部脱いじゃってるらしく、「君が好きだ、好きでたまらないんだよ」というようなオーラをぷんぷんに撒き散らしてるっていうのにネコの子ったら!
キスされて反った背中のラインと上がったお尻、心地よさを耐えるかのように両手を頭に回してるのはコケティッシュなんですけどね、何でカメラ目線なの。
タチの子は一生懸命に君への愛を身体で語ろうとしてるんだから、他に気を取られてないでちゃんと応えてあげなさい!
それともあれかい? 「彼がどれだけ僕に熱くなってるのか分かるでしょ?」とでも言いたいのかい? 自慢小僧なのか、君はっ! おねーさん羨ましいけど、でも挑発には乗らないぞ! 後ろからそのジーンズ、いきなり引きずり下ろしてやる!←意味不明。

いっしょーーーーーーーけんめいなタチの子に、ネコの子は「ふふ、君ってほんとに僕の虜だね」とでも言いそうで、ちょっとムカつきます。
だからやっぱりそのジーンズ脱がす! 脱がすったら脱がす!←ますます意味不明。
qt-025.jpg
だってさ、だってさ、受けの子が無表情ぽくて人形臭いんだもん! よくできたダッチハズバンドを使って、攻めの子が気持ち良くなってるところっぽいんだもん!
ダッチハズバンドでなければ性欲処理用のアンドロイドとかね。いきなり近未来SF~。
どっちにしろ、その若さでそーゆーもののお世話になるのはやめなさいと、おねーさんちょっとお説教したいのですが。

理由:無機物と絡むより、同年代と組んずほぐれつするか、年上のおにーさんに可愛がってもらう方が見てるこっちが楽しいから。

うはははは、身勝手な理由~。
あ、攻めの子が無理矢理さらってきて、ヤク漬けにされて躰はやせこけ、感情は麻痺した受けの子をヤっちゃってるとか。
ちょっと人間としてどうなのよなことを書いてしまったので、打ち消し線で消しておきました。
ふかふかソファ 青い果実の部屋 2005年10月10日[03:53]
t-023.jpg
ソファの柄の趣味が悪いというのはさておき、座り心地が良さそうなのは羨ましいですねー。
んー、これはまた、お金持ちの坊ちゃんが高級ふかふかソファでオナーニ中って感じですかあ? 目線の先にはアダルトDVDなのかしらあ?
ま、ウナギも袋も発展途上だけど、彼が出ているサイトでは珍しく筋肉のついている子なんでね(しかも少年から青年へと移行する時期の美しい筋肉v)、それとソファのふかふかそうなのが気に入ったので連れて帰ってきました。
だってさー、うち、ソファないんだもん。クッションはやたらとあるけど、リビングでくつろごうと思ったら、クッションの上に転がるしかないんだもん。
アタイの部屋は一人掛けのソファだって入れる余裕ないし。ソファより本棚の方がほしいし。
あー、憧れちゃうわね、広いお部屋と優雅なソファ。
でも俺だったら、こんな悪趣味な柄のソファにはしないね。ゴブラン織りってステキvとか考えてる人のこたぁ、俺には理解できねえよ…。ロココ調の時代に生きてたら、多分気が狂ってたね。
バナナー!! 青い果実の部屋 2005年10月08日[23:26]
t-022denis-1.jpg
デニスくんはおなかが空いたので、近くにあった果物かごの中からバナナを選んで食べることにしました。
「ふふふっ、君も一皮剥けたね。何ちゃって。そういう僕はまだ誰にも剥いてもらったことがないんだけどさあー。あーあ、こんな風に剥き剥きしてくれる人、現れないかなあ…。折角僕が総てを晒して待っているのに、だぁれも構ってくれないんだもん。いい加減、すねちゃうよ?」
デニスくん、思考が幼いせいか、独り言が多いんです。しょっちゅう自分とお話ししては、イタズラを思いついて実行し、一人で笑ってるのでした。
今日思いついたのはこれ。
t-022denis-2.jpg
「食べちゃった代わりに僕のバナナを置いちゃうよ。う~ん、普通のバナナって、東洋人のおちんちんって感じの色だよね。そして僕のはぁ~、もう今すぐにでも食べて!って色合いだね。大きさは東洋人バナナに負けちゃったけどさ、でも僕のバナナも食べれば美味しいと思うんだけどなぁ~。ちょっと大きめのモンキーバナナ、誰か食べてくれないかな?」
こうして今日もまた、デニスくんは一人だけれど、楽しく過ごしているのでした。
t-021renny-1.jpg
t-021renny-2.jpg
t-021renny-3.jpg
t-021renny-4.jpg

…で、君は一体何をしたいのかね、レニーくん?

この4連続写真を見て何か物語が浮かんだ人、コメント欄に書いてみよう!
もれなくうり先生のおぽんち書評がついてきます!
qt-020.jpg
この子はとても緑と花を愛する心優しい子なのですが、ちょっと妙な性癖を持っていまして、オナるときに丹誠込めて育てた花にかけてフィニッシュしないと満足できないんですよ。どうもそれが、切り花を長持ちさせる技だと思い込み激しいようで。
今日のお相手はガーベラ。
「お、お花さん! 僕の栄養たっぷりの肥料をかけてあげるからね! もっと綺麗に咲いてええっ!! ああッ、出ちゃうッッッ!!」
…いや、綺麗に咲くどころか、精液ってアルカリ性だから花びらにはいい迷惑だと思うんだけど…。
でもこうして彼は、毎日毎日花に愛情を注いでいるのでした。というか、ひっかけているのでした。
こういうの、何プレイって言うんだろうねー。
遠恋中の僕 青い果実の部屋 2005年10月02日[22:49]
t-019.jpg
僕、西海岸に住んでるんだけどね、彼氏がさ、仕事の都合で暫く東海岸に行っちゃってるんだ。いつ帰れるか、全く分かってないんだって。
着いていきたかったんだけどさ、親にも内緒の恋だから、まだハイスクールの僕がいきなりさしたる理由もなしにNYに行って当分帰らないからね~なんて言えないじゃない。
だからさ、直接会えない代わりにこうしてビデオや写真を送り合ってるんだ。
勿論、僕達体の関係なんだもん、だーいたーんなポーズもビシバシ撮っちゃうよ。
彼、僕が一人エッチするところ見るのが大好きだからね、こうしてカメラ2つを前にシコシコしてるって訳。
ふふ、僕ってさ、結構タマタマが大きいと思わない? 彼、僕がイくときに一杯出しちゃうのを見るとすごく喜ぶんだ。垂れ流しになっちゃうと、それを手ですくって飲んでくれるしね。愛って感じじゃな~い?
…ハァ、何だかすごく燃えてきちゃった。
もっともっときつく扱いて、イっちゃおうかな…。
君も僕がイくところ、見ててくれる?
t-018.jpg
坊ちゃんがまだウィンナーからフランクフルトへの成長過程にあるウナギを出しているの、よく見るとね、お座りした犬が両側にいる置物か何かなんスよ。
どうも先天的に攻めらしく、穴があると突っ込んでみたくなるらしいんですが、流石にそこは違いますよ、坊ちゃん。「僕ってお茶目?」って言いたいのかもしれないけど、それ、外してるから。寒いから。

しかし、萎えてる状態でこれくらいだったら、ボッキーのときは若いにしては結構なもんになるんじゃないかと。ま、おねーさん的には65点ってところだろうけどね~。

いつかこの、腐れ腐女子を「うむ!」と頷かせるウナギに育ててみよ、少年!
そのときにまた会おう!
(何か話が違う方向に行ってるような…)
qt-017.jpg
永○豪さんのマンガで『け○こう仮面』っていうのがあってさ、寄宿制女子校の話なんだけど、主人公が「けっ○う仮面」を名乗って、体罰と称して生徒にエッチなことを強制する教師を懲らしめるってのがあるんだけど…。マスクだけかぶってて、首から下は全裸なのよ。←この辺りが流石永井○さん。
そして必殺技は「おっぴろげジャンプ」(だったような)。その名の通り、おっぴろげで敵の気を逸らし、顔を挟んで窒息させる…とかいう、「おバカさんね~」な技。ちなみにやってる本人も恥ずかしいらしい。
と、前振りが長かった訳ですが、この写真見たとき「うはは、け○こう仮面の真似かいな」思いましてん。まあ、「来て、来てぇ~ん」なだけなんだろうけどさ。
草原にこほぉ~んな濃いピンク@卑猥系の敷布広げちゃって、その上にマッパで転がって誘ってるなんて! 袋の中でタマがどの位置にあるかまではっきりですよ! 左のタマは大きそうだけど、右のタマが行方不明ですよ!
足の裏が汚れてるってのは…ま、ご愛敬ってことで。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。